88

外国ではおならよりゲップの方がNGのようだが、日本では圧倒的におならの方が顰蹙を買います。なんとしてでも我慢しなければならない訳ですが、忍耐力でなんとか危機を出した後にふと思う。我慢したおならはどこへ行くのだろうか?おならはほとんどが炭酸ガスと水素ガスである。その他に少量含まれているのは、臭いの元である硫化水素などの有毒ガスだ。これらのガスは、腸内にいる細菌(大腸菌もこれの一部)が消化しきれなかった食物を分解するときに発生する。食物繊維を分解するときは、ほとんどが炭酸ガスなので、ガスが出やすくなってもあまり臭わないが、タンパク質を分解するときは有毒ガスが発生するので臭くなってしまうと言う。サツマイモも(食物繊維)を食べるとよくおならが出る、肉(たんぱく質)を食べるとおならが臭くなると言う話も、単なる噂ではなかったようです。それでは、我慢したおならの行方は?。我慢したおなら=ガスは腸に吸収され、血液中に混ざって、やがておしっことして体外排出される。口や鼻から有毒ガスが漏れる心配は無いようだ。とは言え、大量にガスを溜め込むと、腹痛になったり、腸の運動がおかしくなることもある。
既視感はは多くの人が体験しているはず。特にデジャ・ビュと言われるもの。初めて来た山であるにもかかわらず、山から見下ろす景色に見覚えがあった、という経験は無いだろうか?初体験のはずなのに、なぜか体験した感覚があるというのはデジャ・ビュだ。デジャ・ビュの原因には2つの説がある。1つは脳の意識の底に沈んでいた記憶がよみがえったため。人間の脳はあらゆる情報を伝関しているが、我々が意識できているのはわずか2%に過ぎない。無意識のうちに見た無数の景色のうち、目の前の景色と似ているものがあった場合、見たことがあると言う気がしてしまうのだ。これは潜在意識の中でのこと。この景色見たことがあるとは思っても、いつどこでが思い付かないのはそういう理由からだ。もう一つは脳が誤認識をしてしまうため。これは、デジャ・ビュの体験談の多くが旅行中であることも関係がある。旅行中は日常より疲労が溜まりやすい。疲労だけでなく、ストレスや睡眠不足など、脳に負荷がかかっていると誤動作を起こしてしまい、初めて訪れた場所でも見たことがあると感じてしまうと言うわけだそうだ。
自然治療でも治せる虫歯がある事はご存知だろうか?白い歯は美しく健康だとされているが、よく見てみると違うこともある。実はこれも虫歯の1種、隠れ虫歯の可能性もあるのだそうだ。歯は本来半透明だが、隠れ虫歯が大きくなると白く濁ってくる。これはあの中に小さな穴がたくさん空いて白く見えてしまうためで、その穴に虫歯の原因となる酸が入り込歯を溶かしていくのだそうだ。しかし、この隠れ虫歯なら自宅で直すことが可能だと言う(ただし歯の表面に穴が開いた虫歯は歯医者での治療が必要)。隠れ虫歯を治すもの、それはズバリ唾液です。唾液に含まれるカルシウムが、歯のスカスカ部分を埋める役割を果たしているのだそうだ。さらに、唾液は歯を酸から守り、虫歯予防の効果もあると言います。食事の直後の構内は酸性になる。しかし唾液は構内を中性に戻し、歯を虫歯から守る働きをしているのだそうだ。食後30分は虫歯菌が出す酸が歯を溶かす時間。その後、唾液が酸を中和して歯を直す時間が始まる。虫歯予防の最大のポイントはここ。歯が溶ける酸性の時間を短くし、歯を直す中性状態の時間を長くすればいいのだそうだ。おやつや飲み物など、少量の食事でも歯が溶ける時間になる。まずは間食を控え、食事の回数を減らすこと。また、寝ている間は、唾液の量が減るため、寝る前に完食すると歯が溶ける時間が長時間続くことになるので、飲み物もできれば控えておこう。歯磨きも、虫歯予防の1つなので、毎日欠かさないことだ。虫歯は必ずしも進行しているわけではなく、溶かすと直すを繰り返している。虫歯だからといってむやみに歯を削ってしまうと、健康な歯まで損なうこともある。定期的に歯医者で診てもらい、上記観察をしていくことが大切でしょうね。
あなたが恋人を選ぶとき、何を基準にしていますか?性格・趣味の相性、それとも見た目? 一概には答えにくいかもしれないが、男性の場合なら見た目で選ぶと答えた人が最も正直だと言えます。なぜなら、男性が恋人を選ぶ場合、視覚的な情報がかなり影響を与えていると考えられるから。中でも、ウェストのくびれが重要なのだとか。テキサス大学のシン博士は、男性に様々な女性のイラストを見せて、どんなウエストの女性を魅力的だと思うかという実験をした。それによると、ウェストとヒップの比率が7対10の女性が、最も魅力的だと言う答えになったそうだ。オランダのある不妊治療クリニックでは、くびれが少ない、寸胴の女性であるほど、受胎率が低いと言うデータが出ている。つまり、くびれがある女性ほど妊娠する確率が高いと言うわけで、男性は無意識のうちにこうした女性を選んでいるのだそうだ。また、人の顔写真をどんどん合成して平均化していくと美人ができると言うが、平均的な人間ほど遺伝子異常などが少ないため、平均的な顔を美人だと思うようにできているのだとか。だから男性が美人に弱いのは、遺伝子のなせる技とも言えそうです。一方、女性の場合は匂いが決め手になるそうだ。実は女性には、免疫型のタイプを無意識のうちに嗅ぎ分けられる能力が備わっている。この免疫型を決めるのが白血球の血液型であるHLA。A型やB型と言うのは赤血球の血液型で、白血球にも同様に血液型が存在するのだそうだ。シカゴ大学のマクリントック博士の研究では、女性はこのHLAの匂いをかぎ分け、形が微妙に違う男性に好意を示すことがわかった。つまり、HLAが全く同じ遺伝子が近いでもだめだし、どうすぎてもダメ。自分と似ている遺伝子を持ちながら、わずかに違いがあると言う男性を選んでいるらしい。男性より女性の方が見た目より性格を大切にすると言う人が多いが、そんな人も意外と遺伝子によって臭いで判断しているのかもしれない。
これまでで最も高齢で出産した女性は、なんと67歳だとか。双子産んだスペイン女性で、当然、自然妊娠ではなく体外受精での出産であった。また、イギリスの女性も59歳で自然妊娠し帝王切開で男児を出産。こうなると、何歳になっても女性は出産できる、という錯覚すら起きてしまいます。女性が一生のうちに排卵する卵子の数は400個ほどで、初潮が所15歳だとすれば、単純計算で約33年後、48歳で閉経を迎えることになります。歳をとるにつれ卵巣の機能が低下し、卵子に損傷が生じる可能性は高くなるため、妊娠の継続自体も難しくなる。しかし近年では、ホルモン、コントロールの技術や不妊治療も進んでいるため超高齢でも出産する可能性が増えた。日本でも病気で子宮を摘出した娘のために、53歳の母が代理出産で孫を産んだ事例があります。ただし、高齢出産は母子ともにリスクが高いのも事実。前述の双子産んだスペイン女性は、体外受精を受ける際に年齢を偽って申告、さらに2歳の双子残してガンで死去しており、倫理面からも子育ての面からも超高齢出産への懸念が高まっているのは事実です。しかし、個人差もあるが、男性は生殖機能に年齢制限は無い。女性の卵子の数が決まっているのとは違い、男性は急に生殖機能がストップしたりはしないのだそうだ。もちろん、年齢とともに機能は低下していくが、60~90歳の高齢者の78%が射精能力を有しているそうだ。ちなみに、これまでで最高齢の父は、92歳だそうだ。
ベタベタ汗、最悪の場合、死に至ることもある危険なものなのだ。ベタベタした 汗は通常の汗よりも塩分濃度が高い。そのため、ベタベタ汗をかき続けると体内 の塩分が失われていく。体には体内の塩分濃度を一定に保とうとする働きがある ため、大量の塩分を出した体で水分だけを補給しても、汗や尿としてすぐに排出 される。飲んだ水がすぐ排出される状態が長く続くと、血液の水分が少なくなり、 ついには汗もかけなくなり、やがて体温上昇と言う危機に陥ってしまうと言うわ けだ。一方、良い汗もある。こちらはサラサラした汗で、乾きも良くすぐに体温 を下げてくれる。この汗は塩分濃度が低く、体内に適量の塩分を保つことができ るので、ベタベタ汗のような状態にさらされる危険は低い。さらさらのいい汗と ベタベタの悪い汗の違いを生み出すのが、エクリン汗腺と言う部位の働き具合。 脳が、汗をかけと言う指令を出すと、エクリン汗腺が血液から塩分を取り込み始 める。当然、血中の塩分濃度が下がる。すると、浸透圧の原理で水分は濃度の低 い血液中から濃度の高いエクリン汗腺へ移動する。それがが汗して体外へ放出さ れる。これが汗のメカニズムだ。このとき、エクリン汗腺がうまく働いている場 合、取り込んだ塩分をきちんと血液に戻すことができる。逆に、働きが低下して いると塩分も汗とともに放出しまうため、体内の塩分濃度がどんどん低下してし まうのだ。エクリン汗腺の働きが低下してしまう原因は生活習慣やストレスなど 様々で、運動不足もその一つ。いい汗を書くためには、日ごろから汗をかくこと が重要なのだ。1日30分でもいいから、持続的に運動することが効果的と言われて いる。熱中症の原因にもなるベタベタ汗。もしそのサインに気づいたら日頃の運 動不足や不摂生を見直した方が良いかもしれません。
冬の寒い日に、エアコンや床暖房は確かに快適だが、コタツの温もりに勝るもの はない。こたつでみかんを食べながら好きな本を読んで、そのままうたた寝。日 本人であることに幸せを感じるひとこまです。しかし、気持ちよく眠って、目覚 めてみると何となく喉に違和感がある。頭は痛いし、寒気もする。おまけに体の 節々に鈍い痛みも。これこそかの有名な「こたつで寝て風邪をひく」状態である。 でも、暖房器具であるコタツの中で寝ているのになぜ風邪をひくのだろうか?こた つで温められているのは下半身のみだが、足に外部からの刺激があると、すぐに 脳が反応してしまい、足しか温まっていないのに体全体が熱を持っていると誤認 してしまう。そのため、自律神経が働き、汗をかいたりして体温を下げ始めてし まうのだ。上半身は冷えている状態なのに、さらに体温を下げ始めたら?風邪を 引くのは必然と言える。ほんのちょっとの油断で風邪を引いてしまっては、明日 の仕事や勉強、大切な約束にも差し支える。気をつけるに越した事は無い。冷え と言えば、腹を出して寝ると腹痛になることがある。ではどうして、冷えるとお 腹が痛くなるのか?これは、腹部に内臓が集まっている事と深いつながりがある。 食べた物の消化や吸収、成分の合成・分解などは酵素が担っている。この酵素は 温度に敏感で、体温が下がると機能が大きく低下し、消化不良等を起こしてしま う。とてもデリケートにできている内臓。お腹周りに脂肪がつきやすいのは、内 臓を冷えから守るための本能なのだ。
アメリカの心理学者が、デビット・バス博士によると、男性と女性ではパートナー に裏切られたとき、普通に思うことが違うのだと言う。アメリカの大学生、男女 各117人に、パートナーが他の誰かと恋愛をしてセックスをした場合、その人とパー トナーの精神的なつながりと肉体的なつながり、どちらがより苦痛かと言う質問 をした。すると、肉体的つながりと答えた男子学生は61%、女子学生はたった13% だった。それに比べて、精神的つながりと答えた男子学生は39%、女子学生はなん と87%にも足したと言う。この結果を進化心理学の視点で読み解くと、男性にとっ てパートナーが別の男性とセックスするのは、自分の子孫を残すのにマイナスに なる。なぜなら、女性が産んだ子が本当に自分の子だと言う保証はどこにもない から。もしかすると、他人の子を育てているかもしれない、と言うリスクを負っ てしまうのだ。一方、女性の場合は、男性が他の女性とセックスしても、自分と 子供を養うと言う義務さえを果たしてくれれば生存することができる。しかし精 神的な裏切りだと、その献身は相手の女性に向けられてしまうため、より許せな いと言うわけだ。どちらもかなり利己的な理由だ。だが、遺伝子がもともと利己 的なものだと考えれば、子孫を残すためには、一夜の過ちを許せるのが女性、許 せないのが男性と言うのは、あながち間違っていないのかもしれない。
妊娠中なのにセックスしていいのか、お腹に赤ちゃんがいると考えると、セック スなんてする気が起きないなど、妊娠中のセックスについて不安を抱えている人 も多い。男女ともに流産や早産を心配して、妊娠中はセックスに消極的になりが ちだが、基本的にセックスすることをに問題は無い。医師から禁じられていると いった状況でない限り、セックスをしても出産への影響はほとんどないのだそう だ。ただしお腹に赤ちゃんがいるのだから、いつもと同じと言うわけにはいかな い。妊娠中のセックスにおいて、気をつけるポイントは3つ。まずはお腹を圧迫し ないように気をつけること。これは赤ちゃんがいるのだから当然だ。男性の体重 がお腹の負担になるような体位は避ける。2つ目は激しい行為を避けると言うこと。 子宮口を刺激するような深い挿入は、お腹の張りを起こすこともあるので、挿入 は浅くゆっくりとするのが望ましい。もう一つは清潔にすること。妊娠末期には 膣が柔らかくなって傷つきやすく、性感染症にかかりやすくなっている。性感染 症は破水や流産、早産を引き起こす危険性もあるため、男性は手や爪、ペニスを 清潔にしておく必要がある。そのため、妊娠中のセックスではコンドームの使用 を勧める医師もいる。セックスをすること自体に問題は無いのだが、そもそもそ の気にならないと言う人が多いというのも事実。男女ともにそうならば問題はな いのかもしれないが、どちらかはしたいと言う場合はどうだろうか。妊娠中のセ ックスレスが産後も続くと言うも報告されている。セックスはコミニケーション のひとつ。妊娠中と言う特殊な状況だからこそ、いつも以上にお互いを思いやり、 豊かな人間関係を築くべき。それが生まれてくる子供のためにもなるのだとした らなおさらだ。
赤ちゃんは1日の半分以上寝ている。これは未熟な体を早く発達させるための栄養 分を蓄えるためだといわれている。しかし、ずっと眠っているだけではない。さ っきまで眠って良いかと思えば今度はもがくように手足をバタバタさせ、全身全 霊で泣く。これを一日何回も繰り返す。そして、生後3ヶ月も経つと赤ちゃんも自 分の意思でものを掴んだりできるようになり、とりあえず口に入れてみようとす る。赤ちゃんが異物を飲み込んで病院に運ばれる事例は後を絶たない。特に気を つけたいのはタバコ。タバコは1本で赤ちゃんの致死量に相当するので、保管は厳 重に。このように、赤ちゃんは何でも口に入れたがるが、別に食欲が旺盛なわけ ではない。赤ちゃんには食べると言う認識はなく、むしろ感じると言ったほうが いいかもしれない。赤ちゃんの感覚の中で皮膚感覚は発達が速く、とりわけ命綱 であるおっぱいを吸う口は最も敏感に反応するそうだ。大人はそれまで経験から、 質感や色、形、匂いなど、あらゆる情報を結集して、それがどのようなものか判 断できる。しかし、赤ちゃんは何事も未経験であるし、知らないからこそ好奇心 旺盛なので、周りにあるものすべてに触れてみたいと思っている。そのため、ま ず一番感覚が発達している唇で確かめてしまうのだ。赤ちゃんがおっぱいを吸う 動作は、原始反射のひとつだと言われており、母親の乳首を赤ちゃんの保護に触 れさせると自然と乳首に口を近づける。これをルーティング反射と言う。また乳 首が口に入った途端にちゅうちゅうと出始めることを吸啜反射と言う。これは哺 乳瓶でミルクを飲ますた時に、中身がなくなってもいつまでも吸い続ける動作の ことを指す。そして、口に溜まったおっぱいを飲み込むことを嚥下反射と言う。 赤ちゃんは本能として、おっぱいを吸うプログラムが生まれる前から遺伝子に組 み込まれているのだ。
鏡を見ていると、肌にポツポツとできたシミを発見。あれほど紫外線対策してい たのに、なぜできてしまうのか。また紫外線対策が足りなかったのだろうか?シミ 予防に紫外線対策は有効だ。しかし、シミの中には紫外線が原因でないシミもあ るのだ。女性の肌は男性よりも圧倒的にシミが多い。このシミは、多くの女性の 肌に存在しているのである。鏡で肌をよく見てみよう。濃い茶色で丸い形をした シミがあれば、それは紫外線によるシミ。しかし薄い茶色で、境界がぼやけたシ ミがないだろうか?どちらが、紫外線が原因でないしみだ。頬や目元に多く、顔の 左右対称にできることが多い。そんな謎のシミがある人は、スキンケアのやり方 を思い出してみよう。洗顔して、化粧水をつけて、乳液で保湿。このとき、肌を どのぐらいこすっているだろうか?そう、シミは紫外線だけでなく摩擦によっても 生じるものなのである。紫外線によるシミは、紫外線によって発生した活性酸素 を除去するためにメラニン色素が溜まったもの。一方、摩擦によるシミは、肌を こすることで炎症が起きて活性酸素が発生し、メラニン色素が溜まってしまうも のなのだ。肌に良かれと思って熱心にスキンケアをするほど、シミになっていた と言うわけで、何とも皮肉なことである。しかし、解決策は簡単だ。シミをこす らないようにする、たったこれだけ。洗顔をする時はたっぷり泡立てて、手が肌 に触れないように泡で洗う。化粧水や乳液も、なるべく摩擦を起こさないように して塗る。炎症が治まれば、細胞の生まれ変わりとともに、シミも次第に薄くな っていく。特にメラニンをつくる細胞メラノサイトが減っていく秋から冬にかけ てのお手入れが効果的だ。こすらないスキンケアで、シミが見違えるほど薄くな る。医療機関では、これに加えて抗炎症薬のトラネキサム酸を処方して治療効果 を高めているので、合わせて受信してみるのもいいかもしれません。
疲れた体を癒す方法は多岐にわたるが、マッサージ好きはとても多い。もちろん プロにやってもらうに越した事はないが、家族や恋人など、家庭でも手軽にでき るんのも人気の理由だろう。そしてとにかく気持ちが良いの一言に尽きる。実は、 マッサージもやりすぎると体に悪影響を及ぼすのだそうだ。疲れたときに、無意 識のうちに首や肩や腰を伸ばすことがある。ある意味セルフマッサージだが、こ れは血流が良くなって疲労物質が流れやすくなるの体が自然と知っているからだ そうだ。筋肉は強張ると血液が流れにくくなってしまうが、体を伸ばしたり揉ん だりすると筋肉が緩んで血液がスムーズに流れ、蓄積されている疲労物質が回収 されやすくなる。疲れを手っ取り早く癒すのに効果的なのである。そこで懸念さ れるのが、肩や首にコリがあるからといって、ぐりぐりもみほぐしたりしていな いかと言うこと。肩こりが慢性的になってくると、痛気持ちいい位のもみほぐし 方でないと満足できないと言う人が多いが、これは逆効果なのだ。強い力を筋肉 にかけると、損傷を防ぐ落として体が無意識に収縮してしまうため、血行が良く ならない。それどころか、かえって疲労をためるだけと言う結果になる。筋肉の コリを和らげるベストな方法は、痛みを感じない程度の力加減で、40秒ぐらい筋 肉を伸ばすこと。これが、最も血流が良くなるやり方なのだ。あまり厳密に数え る必要は無いけれど、筋肉を伸ばす時間は長すぎても短すぎても効果が減ってし まうので、意識したいポイントのひとつだ。運動の後のストレッチも同様。筋肉 は、運動辞めた後もしばらくの間は、すぐに動き出せるよう準備している。スト レッチは、このアイドリング状態を止める役割も担っている。筋肉を伸ばすこと で、こわばっていた筋肉を即座に緩めることができるのだ。この時も、少し物足 りない位の強さで行おう。
ふと自分の周りを見渡した時、左利きの人間はどれくらいいるだろうか。全人類 を合わせると70億人以上いるが、そのうち左利きはわずか10%未満。このように右 利きが圧倒的に多いのは人間だけに見られる非常に得意な現象である。他の生物 は右利き左利きの割合はほぼ同じ。一体、利き手と人間にはどんな関係性がある のだろうか?利き手は生まれた時から決まっているのだろうか?人間の利き手が決 まる時期は3歳から4歳位と言われている。だが利き手が人によって異なる理由は、 まだ明らかになっていない。遺伝と言う説もあるが、一卵性ソーセージでも利き 手が分かれる例もあるため確証は無い。その他、母体や出産時に何らかの原因で 左脳が圧迫され、左脳をかばうために右脳が活発化して左利きになったと言う説、 3歳から4歳までに左手を多く使うとなると言う説など、様々だ。では、右利きと 左利きで脳の大きさに差があるのかと言うと、主様ほぼ変わらない。しかし使っ ている場所が違うのだ。会話する場合、右利きの人はほぼ100パーセント左脳だけ を使用しているのに対し、左利きの人の約40%は生のも使って会話をしている。一 般的に左利きの人は頭が良いと言われているが、その理由も左利きの人は両方の バランスよく使っているかもしれない。ちなみに、右利き左利きといっても手だ けではない。足や目など、多くの動作で片方を重点的に使っている。利き足はサ ッカーでボールを蹴る足なのでわかりやすい。効き目を知るには、両手の親指と 人差し指で三角形を作り遠くにある壁時計などの対象物を1点、その三角形の中に 収める片目ずつつぶると必ず対象物が三角形がずれてしまう目がある。三角から ずれなかった方の目が効き目だ。また、右利きが多いのは、脳と関係があるから とも言われている。神経の多くは首の付け根にある神経の多くは首の付け根にあ る延髄で交差しているため、左脳は右半身の神経とつながっている。左脳は人間 が物事を考える、感じる、言葉を話す、記憶するなど、重要な働く動きに優れて いるため、左脳と直結している右を利きしている人が多いようだ。
しゃっくりを100回すると死ぬと、有名な都市伝説のひとつだ。確かめてみようと 試みた人もいると思うが、しゃっくりは意外と長く続かない。とりあえず、結論 から言うと、しゃっくりを100回したら位では死なないそうだ。しゃっくり世界最 高記録は、アメリカ人のチャールズ・オズボーン氏がを保持する68年。なんと 1922年~1990年までに、しゃっくりが止まることがなかったのだ。気の遠くなる ような回数のしゃっくりをしたオズボーンだが、97歳まで生きたと言う。では、 しゃっくりはなぜ出るのか。それには胸部と腹部を隔てている横隔膜と言う大き な筋肉の幕が関わっている。横隔膜は人間が呼吸をするために、一定の周期で絶 えず上下運動を繰り返しており、肺に空気が入ると下がり、空気が出る時は上が る仕組みになっている。そして、この横隔膜が痙攣することでしゃっくりは出て しまうのだそうだ。つまり、しゃっくりは横隔膜の上下運動のリズムの乱れで、 痙攣して激しく上下に動くことで、空気の通り道が閉じているにもかかわらず、 急激に空気を吸い込んでしまう。普段は肺から送られた空気で声帯を振動させて 声を出しているのだが、通常とは逆向きの空気の流れで声帯が振動するため、 「ヒック」と言う声が出てしまうのだ。ストレスや冷えなども横隔膜が痙攣する 原因の1つと言われているが、明確な原因がわからない場合が多い。しゃっくりは、 肺呼吸をするようになった頃の原始的な反射運動の名残らしいが、詳しいことわ まだわかっていないそうだ。ちなみに、おなかの中の胎児もしゃっくりをしてい ると言う
B型の女性にはどんなイメージを持っているだろうか。協調性のない自己中心的な 性格、気分屋。このように血液型であれこれ言うのが大好きな日本人。血液型占 いや血液型のマニアル本が大ヒットする所以だ。先に言っておくが、これは日本 だけの話。よく考えて欲しい。大きく分けて4種類(ABO式)しかない血液型で、人 間性を分けられるものだろうか。なのに、人と会うとついつい何がたか聞いてし まうから不思議だ。さて、血液型の始まりは、20世紀初頭。オーストリアのカー ル・ラントシュタイナー博士が、血液をABO型に分類できると発見しました。血液 型の違いは、赤血球の表面にある血液型物質のささいな違いなだけだそうだ。そ の血液型物質は、脳内だけにはないこともわかってきた。という事は、性格を決 定づけるのには血液型が影響していない、つまり血液型と性格はリンクしないこ とになる。日本では血液型人間学の影響で、1,970年代から血液型と性格を結びつ ける理論が流行した。それに伴って血液型占いも流行し、B型は自己中心的で、 A型は協調性があって几帳面と言うイメージができあがった。これに従うなら、確 かにA型とB型は相性が悪いかもしれないが、科学的根拠は無い。A型とB型は気が 合わないと言うのはただのイメージなのだ。日本人の血液型で1番多いのはA型で 約40%。ついでO型が約30%、B型が約20%、AB型が約10%となっている。5人に2人の 割合でA型が入ることになる。ここで素朴な疑問がひとつ。なぜ、A→BときてCで はなくOなのか?血液型を発見した当初、赤血球にA抗体を持つ場合はA型、B抗体を 持つ場合はB型、どちらの抗体も持たない場合はC型と3種類に分類していた。しか し、研究が進むとA抗体とB抗体の力を持つAB型を発見。その際にどちらの交代も 持たないし方を0型と呼ぶようになったと言う。つまりOとは0型のことだったのだ。
ウリ科、インド原産。すでに有史以前にエジプト、ギリシャで栽培されており、 日本にも弥生時代には伝わっていたようです。摘み取ってから追熟させなければ ならないのは、細胞の中に不溶性のプロトペクチンがあり、これを分解させて可 溶性のペクチニン酸やペクチン酸にして果肉を柔らかくするためです。メロンは スイカと同様に、医療作用があり、浮腫、高血圧、腎臓病に有効ですが、原産地 がインドなので、体を冷やす作用があり、冷え性の人の多食は要注意です。ただ し、その性質は発熱や、それによる口渇に効くと言う事でもあります。ショ糖、 ブドウ糖、果糖などの糖質の主成分で、その上にビタミンB1、B2、C、ベータカロ チン、カリウムが含まれているので、暑気払いや夏バテの回復には有益です。な お、露地ものはビタミンCやカロチンを多く含み、温室ものはタンパク質やビタミ ンB類が多いようです。
東南アジア、中国、日本原産のユリ科の多年生草本。ニラは「陽起草」と言われ るほど成長力と生命力の強い野菜であり、一度植えるとほとんど手をかけなくて も良いので、なまけ草とも呼ばれています。「葷酒山門に入るを許さず」の葷と は臭いの強い野菜のことで、ニラ、ニンニク、ネギ、ヒル、らっきょうは、五葷 と言われています。「本草網目」に「根、葉を煮て食えば、中を温め、気を下し、 虚を補い、腸を益し、臓腑を調和して食を良くし、腹中の冷痛を止める」とある し、宮崎安貞の農業全書に「陽起草として人を補い、温まる性の良きものなり」 とあることなどから、ニラは体を温め、胃腸の動きを良くし、強壮、強精作用が あることがわかります。ニンニクと同様に、消化促進、殺菌、消炎作用をも有し ますが、その作用の主役は、やはり硫化アリルでしょう。また、ニラに特有の動 きとして、「活血化瘀」作用があります。つまり、汚れたドロドロの血液を浄化 して血液の循環を良くし、血液をサラサラにする働きです。つまり瘀血から生じ る肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、生理不順、生理痛、吐血、喀血、下血、 鼻血などを改善する作用があるのです。ジューサーで絞った生汁を1日おちょこ 1~2杯、毎日飲むと良いでしょう。なお、ニラの卵とじやニラレバ炒め等は、陽 性食品のニラ、卵、レバーが組み合わさっており、疲労回復、虚弱体質の改善、 貧血、低血圧などの陰性病に格好の食べ物です。民間療法として、葉を味噌汁に 入れて食すると下痢に効果があります。茶碗に刻んだニラと醤油を適量入れ、熱 湯入れて飲んですぐ寝ると風邪に効果があります。生葉数枚をすり鉢などで吸っ て酢で練り、ガーゼに置いて、患部に湿布する。痛さが不思議な位なくなる等、 狭心症や腹痛に効果があります。葉の生汁をつけると、殺菌、止血作用があり、 切り傷、皹、虫刺されに効果があります。ニラの種子を空腹時に20~30粒飲むと、 下半身の血行良くし、腰痛、婦人病、インポテンツに硬貨がります。
原産地は中南米、クスノキ科の熱帯性常緑喬木。古くから生命の源、森のバター と言われるほどの栄養食品で、獣肉に匹敵するほどの脂質(約20%)を含んでいます が、それは血中のコレステロール低下作用を持つ不飽和脂肪酸のオレイン酸、リ ノール酸、パルミチン酸などからなっています。その他にも、ビタミンB群、C、 A、Eやスクワレンなどを含んでいます。こうした成分には皮膚の湿潤作用があり、 肌のかさつきを防ぎ、髪のツヤを良くしてくれます。また、食物繊維を多く含ん でいるので、毎日半個~1個食べると、便秘の解消に役立つでしょう。タンパク質 も、フルーツの中では最高の含有量を誇るので、成長期の子供のおやつとしても 最適です。フルーツなのに、ご飯や醤油、海苔などとも相性が良く、脂肪が多い ので、寿司ネタとしてもトロと間違うほどの甘さがあります。老人や病人の健康 ・保険食にも最適です。
熱帯アジア原産の、ショウガ科の多年草。日本には稲作と共に弥生時代に渡来し ました。私たちが用いている医療用漢方薬の70%以上に生姜が用いられており、 「生姜なしに漢方は成り立たない」と言われるほどです。16世紀頃にイギリスで ペストが流行し、ロンドン市民の3分の1もが次々と死んだ時、生姜を食べていた 人が死ななかったことがわかり、当時の王、ヘンリー八世が、ロンドン市長に命 じて市民は生姜をしっかり食べるようにと奨励したと言うエピソードが残ってい ます。生姜の薬効は、辛味成分のジンゲロン、ジンゲロール、ショウガオールに は、芳香成分のジンギベロールなどの相互作用により醸し出されています。寿司 には必ず生姜が添えてありますが、ジンゲロンやショウガオールには強力な殺菌 作用があり、タネの魚介類による食あたりを防ぐ意味があります。また寿司を食 べ過ぎても案外胃腸を壊さないのは、ジンゲロンの健胃作用によるものと考えら れます。その他、①発汗、解熱、去痰、保湿採用、②鎮痛作用、③抗掻痒作用、 ④鎮咳、鎮吐作用、⑤唾液、胃液、胆汁の分泌亢進作用、⑥抗潰瘍作用、⑦腸管 内輸送促進作用、⑧強心作用、⑨血圧低下作用、血圧上昇作用、⑩血栓予防、⑪ うつ病の改善、⑫めまいの予防・改善、などが、科学的にに確かめられています。 生姜には「意気、健康、元気」の意味がありますが、科学的にも、全身の細胞の 新陳代謝を更新させ、特に大脳や延髄の呼吸・循環器を刺激して、全身の機能を 高め、気力、体力、免疫力を高める、と言うまさに心身の万病の妙薬と言うとこ ろです。
中央アメリカ原産のウリ科の植物。日本へは16世紀中頃、ポルトガル船が豊後に 漂着した時に渡来したもので、カンボジアから持ち込まれたため、「かぼちゃ」 のながついたとされています。別名ナンキントウナス、ボウブラとも言われてお ります。かぼちゃに関する諺は多く、「かぼちゃと亭主は当たり外れがある」な どは、男性側としては「亭主」のところを「女房」と置き換えたいところ。かぼ ちゃは皮が硬く、叩いてみて重い音がするものが良質で味も良いとされています が、「かぼちゃは叩いて見ても気が知れぬ」などとも言われ、かぼちゃも人間の 世界も同じようなもの、と言えるかもしれません。「冬至当時かぼちゃを食べる と中風にかからなぬ」と言うには一理がありそうです。保存に役立つかぼちゃは、 昔から冬期のビタミンAの補給源として用いられてきたからです。黄色の果肉に豊 富に含まれるビタミンA(カロチン)は血管壁や皮膚・粘膜を強化し、皮膚の美容、 動脈硬化や鳥目、眼精疲労、風邪や肺炎など感染症の予防、改善に効果的です。 かぼちゃのビタミンE含有量は野菜の中ではトップクラスですが、このEとベータ カロチンは、がんを始めとする万病の一因とされる活性酸素を除去する作用に優 れています。ちなみに「わた」の部分は、カロチン含有量が果肉の約5倍もありま す。煮物やスープなどに入れて大いに用いると良いでしょう。また、わたと同様 に捨ててしまいがちな種子ですが、漢方では「南瓜仁」と言われ、回虫やギョウ 虫の駆虫薬として古くから使われてきました。種子にはリノール酸が多く含まれ ており、常食すると動脈硬化の予防・改善に有効です。フライパンで炒めると消 化も良くなり、食べやすくなります。民間療法として、種子20粒ほどをフライパ ンで炒めて食べると、咳や痰を収める効果があります。種子30粒をフライパンで 炒って食べるか、種子を粉末にして、その約10グラムを空腹時に1日1~2回服用す ると、回虫・ぎょう虫に駆除に効果があります。種子をつりつぶして患部に貼る と化膿性皮膚病に効果があるといわれます。